2016年6月28日火曜日

小学生時代に思いついた鬼ごっこ必勝法?

 いまどきの小学生は、鬼ごっこってするんですかね?うちの子は、小学校で何種類かの遊びが危ないからという理由で禁止されたって言ってました。
 で、今回は単純な鬼ごっこです。

 普通、鬼ごっこってどうします?

 鬼になったら、誰かにタッチすれば、タッチされた人が次の鬼になるんですよね。

 学校の運動場みたいな広いところで遊んでいる場合だと、鬼になったら鬼じゃない人を見つけますよね。そして近付いて、すきを見てタッチする。

 でも、当然のことですが、鬼になりたくないから相手は逃げ始めます。

 逃げる人と、追いかける鬼の勝負です。

 鬼ごっこをしていて、子どもながらに気付いたことがあります。

 少し追いかけて少し疲れて、少し休んで、また追いかけて、の繰り返しです。

 ちょっと追いかけてタッチできなかったらあきらめて別のターゲットを探していると、なかなか鬼から脱出できません。

 そこで思いついた戦略がこれです。

 ひとりのターゲットを決めたら、タッチするまで追い続ける。

 体力勝負です。

 このやり方を始めたら、「こいつに追いかけられたら、逃げ続けても疲れるだけ」というのがわかったらしく、みんな比較的すぐに逃げるのをあきらめてタッチされるようになりました。

 (^ω^)


☆☆☆☆☆